ペアライフクリニック

045-900-4922
平日
12:00〜21:00
土日祝
10:00〜19:00

性器ヘルペス

TOP > 性器ヘルペス

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは単純へルぺスウイルス (HSV:Herpes Simplex Virus )の感染によって性器やその周辺に水疱(水の溜まったブツブツ)や潰瘍(皮膚のえぐれ)が出来る病気です。
HSVには1型と2型がありますが、性器ヘルペスは主に性器周辺に存在するHSV 2型が性行為によって伝播することで感染します。
また、口唇ヘルペスの原因となる、HSV 1型も、唾液中にHSVが排出されている場合には、口唇性交によって、性器への感染を起こします。

ウイルスは体の中に終生存在することとなり、体力が落ちたり免疫力が下がった際に活発的に活動し発症します。

性器ヘルペスの感染者数

性器ヘルペスは全国1000弱の定点医療機関で感染者数が報告、集計されており、2021年には合計 8981人、一医療機関当たり9.14人の感染者が報告されています。

感染者は20代から30代に多く、男性よりも女性に多いです。感染者数はここ数年おおむね横ばいです。

厚生労働省 性別にみた性感染症(STD) 報告数の年次推移

性器ヘルペスの感染経路

性器ヘルペスが侵入する部位

体液中や潰瘍に潜むウイルスが、性交時の接触によって感染することで性器に感染します。
通常の状態でヘルペスウイルスは、感染部位に神経の枝を送っている神経節というターミナルの中で休眠状態になります。
その後、ウイルスは体力の低下や性行為の刺激などで周期的に再活性化し、神経を伝わって皮膚へ戻り、水疱を出現させます。
水疱がみられなくても、皮膚や粘膜にウイルスが存在することがあります。

そのため、相手の性器に明らかな病変がある場合だけでなく、相手が無症状でも、性交時の分泌液中にウイルスが存在すると、感染が起こります。

性器ヘルペスの症状

性器周辺に水疱ができた後に、破れて潰瘍ができるのは共通ですが、ウイルスに初感染した場合と、再活性化した場合とでは、症状の重さが異なります。

初感染の場合は症状が重く、広範囲に水泡を生じたり、発熱などの全身症状も伴います。
再感染の場合は症状が軽く、自覚症状に欠ける場合は感染に気づかないこともあり、他者への感染リスクが高くなります。

男性の主な症状

初回の発症は、感染から2-10日間の潜伏期間を経て起こります。
まず、性器に痒みや違和感のある1-2mmの水疱が出現します。特に亀頭部や陰茎体部によく見られます。
その後水疱が破れると、痛みを伴う潰瘍になります。
その間には、鼠径部と呼ばれる足の付け根が腫れたり、尿道からの分泌物も見られます。肛門性交では陰茎だけでなく、肛門周囲や直腸にも症状が出ます。

女性の主な症状

男性と同様の潜伏期間を経て、性器周辺に水疱が出来ます。

女性の場合はさらに、腟や子宮頸部など体の内側にも水疱が生じることがあります。内側の水疱は、見えないことに加えて、痛みもそれほど感じないため気付かれないことも多く、注意が必要です。

男女とも再発の場合は、最初に性器周辺にピリピリするような痛みや違和感が出現することが多く、2-3日してから水疱が見られます。

発熱などの全身の症状を伴うことは少なく、症状も軽く水疱の数も少ないことから、見逃さないよう注意が必要です。

性器ヘルペスの検査方法

性器周辺に水疱を認め、性器ヘルペスを疑う場合、当院ではデルマクイックと呼ばれる検査キットを用いて、水疱のぬぐい液を検査いたします。
検査ではウイルスの抗原と呼ばれる部分を診断しています。また、血液検査でウイルスのDNAと呼ばれる遺伝子を検査することでも診断が可能です。

性器ヘルペスの治療方法

初回の発症時はしっかりと治療を行うことで体内のウイルス量を減らし、その後の再発を減らせるという報告もあります。
早期にしっかりと治療をすることが重要です。

女性では膣や子宮にも病変ができることがあり、塗り薬での治療は推奨されておりませんが、再発の場合にはより効果の高いとされる飲み薬の使用を推奨しております。
当院ではバラシクロビルという内服薬での治療を行っております。

内服薬には複数種類がありますが、いずれも完全にウイルスを排除できるものではなく、症状を和らげ、回復するまでの期間を短くします。
治療に関してはなるべく早くに開始することが重要とされ、症状が現れてから数時間以内、できれば最初にピリピリ感や不快感が現れてすぐ、まだ水疱が現れないうちに始めるのが効果的です。

性器ヘルペスの予防方法

性器ヘルペスは性交時の口腔や性器同士の接触で感染するため、コンドームを使用し感染予防することをおすすめいたします。
明らかな水疱や痛みなどの症状がなくても、ウイルスは性器の表面に存在していることがあり、他人へ感染する可能性があります。

少しでも不安な症状がある方は、大切なパートナーの方と一緒に早期検査を実施されることをおすすめいたします。

YouTube Instagram X Tiktok