ペアライフクリニック

045-900-4922
平日
12:00〜21:00
土日祝
10:00〜19:00

発熱・吐き気・全身の不調

TOP > 発熱・吐き気・全身の不調

急な経過で起こる発熱や全身の不調は、主に感染症によって引き起こされます。軽い風邪から、心臓や脳など臓器の感染まで、さまざまものがあります。

また、全身性エリテマトーデスや血管炎といった自己免疫疾患や、悪性リンパ腫、白血病などの血液疾患も、続く発熱と全身の倦怠感をもたらします。バセドウ病や副腎皮質機能低下症などといった体内ホルモンのバランスの乱れによっても同様の症状が出ます。

性感染症も性器だけの症状にとどまらず、全身の症状を起こすものがあります。B型肝炎は急性肝炎になると、全身の倦怠感や発熱、黄疸が出ます。

梅毒も感染後、6週くらいで、全身のリンパ節の腫大、発熱、倦怠感を起こします。HIVは感染後、2-10週経過すると、体内でのウイルス量が最大に達し

発熱や全身倦怠感などの急性症状を起こすことがあります。

原因疾患

風邪
結核
感染性心内膜炎
腎盂腎炎
自己免疫疾患
血液腫瘍
内分泌疾患

原因となる性感染症について

B型肝炎
梅毒
HIV

YouTube Instagram X Tiktok