ペアライフクリニック

045-900-4922
平日
12:00〜21:00
土日祝
10:00〜19:00

カンジダ

TOP > カンジダ

カンジダとは

カンジダとは真菌と呼ばれるカビの一種で、皮膚や口の中、食道など、人体のいたるところに普段から存在しています。健康な人では特に症状はありませんが、体力が低下したり、抗菌薬を使って体内の菌のバランスが崩れたり、ステロイドなどといった免疫の力を下げる薬を使うと、様々な症状を起こす感染症となります。

膣やその周辺の外陰部でも感染を起こしやすく、外陰腟カンジダ症と呼ばれます。

男性の場合は亀頭包皮炎と呼ばれる、亀頭やその包皮の赤み、痛みなどを起こすことがあります。

カンジダの感染者数

正確な患者さんの数は不明ですが、腟内カンジダは非妊婦の女性のうち約15%、妊婦の約30%の方に存在するとされます。
その中で、治療が必要な例は非妊婦のうちの約50%、妊婦のうちの約30-50%とされます。

カンジダの感染経路

基本的には人から人へ伝染ることは少ないとされ、内因性感染という体の中の菌が何らかのきっかけで増殖し、悪さをすることで感染症を発症します。

カンジダに感染する行為

妊婦や糖尿病患者さんは感染を起こしやすくなります。

また、薬剤(ステロイド、免疫抑制薬など)の使用や病気によって免疫系の働きが抑制されている状態もリスクが高くなります。

子宮内避妊器具も感染リスクとなります。また、抗菌薬は真菌の増殖を抑えている腟内の細菌を殺してしまうことがあり、このため真菌が増殖することで感染を起こしやすくなります。

カンジダの症状

腟や外陰部位のかゆみ、ヒリヒリする感覚、および性交時の痛みが一般的にみられます。
また、粘稠度が高く、腟壁に付着するチーズ様の白い分泌物もよく認めます。このチーズ様の分泌物はカンジダに特徴的です。これらの症状は月経の前の週に悪化することが多いです。

カンジダの検査方法

鏡検法といって分泌物を顕微鏡で観察することで、カンジダを直接確認したり、特徴的な膣分泌物を確認することでも診断が可能です。
またカンジダを検査室で培養することで、筋腫を特定したり、抗菌薬の効果を予測することもできます。

カンジダの治療方法

抗真菌薬というカビを殺すお薬を、錠剤として直接膣内に挿入したり、外陰部の感染の場合はクリームを処方し塗って治療を行います。
改善に乏しい場合は内服薬も検討されます。
また湿気の過剰な蓄積を避け、外陰を清潔に保ち、風通しの良いゆったりした服を着ることで、外陰の湿潤が無くなり、真菌が育ちにくくなるので有効です。

YouTube Instagram X Tiktok