性的接触により感染が伝播する性病は、感染予防や重症化させないための正しい知識を持つことが大切です。

今回の記事では、性病に関する予防策や感染確率を減らす方法、また重症化させない方法についてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

基本的な性病予防

性病(性感染症:STI)は、性行為によって伝播する感染症のことをいいます。性病のなかには、血液を介して感染するものや、病原菌が付着した物品を介して感染するものなど、さまざまな感染経路があるのが特徴です。

性病のなかには、比較的症状が軽症で済むものから、放っておくと命に関わるような重症なものまで、多様な種類があります。

性行為時はコンドームの着用を

主な性病の感染経路には以下のような種類があります。

  • セックスによる感染
  • オーラルセックスによる感染
  • アナルセックスによる感染
  • キスによる感染
  • 血液・体液による感染
  • 母子感染
  • 大衆浴場やサウナなどでの感染

このように、性病には数多くの感染経路があります。

これらの性病を確実に予防するには、性行為をしないことが一番です。しかし、性行為をしないというのはなかなか現実的ではありません。その場合、最も有効な性病予防策は、性行為時のコンドームの着用です。

性病に対する有効な対策として、精液や膣分泌液、また血液などが自分の性器をはじめとした粘膜に直接触れないようにすることが重要といわれています。そのために、コンドームを正しく着用することが大切なのです。

しかし、コンドームを着用しても完全に防ぐことができない性病もあります。数ある性病のなかでも、尖圭コンジローマや梅毒などの性病は、菌と傷口のある皮膚や粘膜が接触することでも感染するため、必ずしもコンドームのみで予防できるとは限りません。

ワクチンによる性病予防

コンドームだけでは防ぎきれない性病があることについてご紹介しました。ここからは、コンドーム以外で有効なワクチンによる性病予防について解説していきます。

ワクチンにより予防が可能な性病

数ある性病のなかでも、B型肝炎、A型肝炎、尖圭コンジローマ(HPV)はワクチンで予防が可能な性病です。

尖圭コンジローマのワクチンに関しては、基本的には性交渉を経験する前に接種することが勧められています。しかし、性交渉の経験がある人に関しても一定の効果が期待できることや、数多くあるHPVの型のうち、未だ感染していない型のHPV予防としてワクチンは有効といわれているのです。

ワクチンを接種することで予防できる性病があるため、セックスの頻度が高い人や職業上リスクが避けられない人は、ワクチン接種を検討してみると良いでしょう。

病気別の性病感染率

性行為時におけるコンドームの着用やワクチン接種などの感染予防策をとらなかった場合、どの程度の確率で感染するリスクがあるのでしょうか。

ここからは、病気別の性病感染率についてご紹介します。

性病名感染率(性行為1回あたり)
性器クラミジア感染症30〜50%
淋菌感染症30%
性器ヘルペスウイルス感染症10%(特定のパートナーとの年間感染率)
尖圭コンジローマ60〜80%
梅毒15〜30%
トリコモナス症70〜80%
HIV/エイズ0.1〜1%

上記のように、性病によってさまざまな感染率があります。大きなものでは約8割の感染率を示すものもあるため、「自分は大丈夫」と思わずに感染予防策について考えていく必要があるでしょう。

性病に関することはなかなか相談しにくいという方もいるかもしれません。しかし、これらの性病のなかには早めに治療をしなければ命の危険があることが分かっています。性病に感染している可能性があることが分かったら、すぐに医療機関を受診し診察を受けるようにしてください。適切なタイミングで治療を受けることが、性病の症状を重症化させないための大切な対処法です。

効果的でない性病予防

ここまでは、性病予防に対して効果的な対策方法についてご紹介しました。ここからは、性病予防にあまり効果的でない方法についてご紹介します。

誤ったコンドームの使用

性行為時のコンドームの使用が性病予防にまつわる基本的な予防方法であることを説明してきました。しかし、コンドームは挿入時にのみ装着するのでは性病予防に効果的とはいえません。

性病の感染経路には、オーラルセックスも含まれるため、挿入時のみの装着では不十分です。オーラルセックスをする場合でも、性器が相手の粘膜や性器に触れる場合はコンドームを装着することが大切です。

アルコール消毒

性行為のあと、アルコール消毒により性病は予防できるの?という声を聞くことがありますが、結果からお伝えするとアルコール消毒では性病を予防できません。

アルコール消毒液は、一般的な細菌やウイルスに対して効果をもたらすことが分かっています。しかし、性病の菌やウイルスに対する効果を一様に扱うことはできません。なぜなら、菌やウイルスによって作用するアルコール濃度が異なるほか、性器の場合は刺激が強すぎてトラブルの元となるからです。

適したアルコール濃度のものでないと皮膚や粘膜に異常をきたし非常に危険ですので、アルコールスプレーなどによる拭き上げは絶対に行わないようにしてください。

誤った性病に関する知識

性病を予防する上で最も大切な予防策といえることは、性病に関する正しい知識を持つことです。

性病という病気の特性上、なかなか周囲の人へ相談しにくかったり受診しにくかったりするかもしれません。しかし、感染に心当たりがあったらすぐに受診し適切な治療を受けなければ、パートナーや生まれてくるお子さま、また最悪の場合は命に危険を及ぼす危険性もあります。

性病のなかには、すぐに適切な治療を受けることで症状が軽く済むものもあります。性病に関する正しい知識を持つことが、ご自身やパートナーの安全を守ることにつながるのです。

性病予防のまとめ

これまで、性病に関する予防策や感染確率を減らす方法、また重症化させない方法についてご紹介してきました。性病にまつわる内容はとてもデリケートなため、一人で抱え込んでしまう方も多いでしょう。しかし、症状を重症化させないためにも、心当たりのある場合はすぐに医療機関へ受診するようにしてください。