性風俗店でサービスを受ける際には、性病に注意しないといけません。性病とは、性行為の際に感染する病気のことで、病原菌が性器や肛門、口の中に付着することで、体内に入ってきます。

性病に感染しても、症状があるとは限りません。性病の多くは無症状だが感染しているケースで性病の感染に気づかないことがあります。では、性風俗店を利用することで、どのような性病に感染する危険があるのでしょうか?

そこで性風俗店で感染する性病の種類、そして対処法についてわかりやすく解説いたします。正しい知識と定期的な検査で、性病の感染リスクを減らしましょう。

風俗で感染する性病の種類

性風俗店の利用で感染する性病の種類には、主に以下のようなものがあげられます。

  • 梅毒
  • HIV/エイズ
  • クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • 性器ヘルペスウイルス感染症
  • 尖圭コンジローマ
  • トリコモナス症
  • 性器カンジダ症
  • A型肝炎
  • B型肝炎


性行為での感染には、この他に毛じらみや疥癬などがあります。

性病は性行為をしなくても、粘膜から感染します。性器以外にのどや肛門から、感染してしまう病気です。感染から数か月経過してから症状が現れることがあるため、風俗サービスの利用後は、パートナーにうつさないように注意しましょう。

性風俗店①デリヘルで感染する性病

デリヘルのサービスでは、素股が行われます。これは直接的な性交ではありませんが、性器同士が接触するため、性病の感染リスクからは避けられません。また、オーラルセックスが行われる場合にも、のどから性器や肛門への感染リスクがあります。

上記で紹介した性病のどれもが、デリヘルで感染する可能性があります。本番行為をしないから性病にはかからないと思わないようにしましょう。デリヘルの利用で感染する可能性が高い性病は以下になります。

  • 淋病
  • クラミジア
  • コンジローマ
  • 梅毒
  • ヘルペス

性風俗店②ソープで感染する性病

ソープのサービスには、膣性交やキスなど、粘膜の接触を伴う行為が含まれます。避妊具(コンドーム)を着けずに直接性行為を行うと、性病の感染リスクは高くなります。ディープキスだけでも、感染力の強い性病に感染するリスクがあります。相手の感染状況が不明な場合には、十分に注意しましょう。

ソープでのサービスは、下記すべての性病感染の可能性があります。とくに注意するべき性病は以下になります。

  • 淋病
  • クラミジア
  • コンジローマ
  • 梅毒
  • ヘルペス
  • HIV
  • B型肝炎

性風俗店③ピンサロで感染する性病

ピンサロでは、フェラチオのような口を使った性的なサービスが一般的です。本番行為がないからといって、性病に感染しないわけではありません。この行為でも、のどから性器への性病感染リスクが存在します。

性風俗店で働く女性ののどに、クラミジアや淋菌など性病の病原菌が存在していることがあります。これは症状が現れないことが多く、感染していても本人は気付けません。

のどの性病に感染している方と、オーラルセックスをすれば、そこから病原菌が侵入し性病に感染する可能性があります。ピンサロで感染する可能性が高い性病は、こちらです。

  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒

性風俗店での性病感染を予防する方法

性風俗店を利用する際に性病の感染を防ぐためには、コンドームが一番有効的です。性病は、粘膜の接触によって感染します。コンドームは、性器同士の直接的な接触を避け、感染のリスクを減らせます。

また素股の場合でも、コンドームを使いましょう。膣性交ではありませんが、性器が触れ合う行為なので、感染のリスクがあります。

オーラルセックスでも、性病の予防にはコンドームが効果的です。性器同士の接触はなくても、口と性器の感染の可能性があるため、コンドームでリスクを減らせます。ちなみに、消毒液を使ったうがいには、オーラルセックスに対する性病の予防効果はありません。

コンドームの使用はあくまで、予防の手段の一つです。完全に性病の感染を防げるわけではありません。そのため、性風俗店のサービスを利用後は定期的な検査を行いましょう。性病の感染に気づかぬまま放置してしまうと、不妊の原因や重篤な病気にかかる恐れがあります。

性風俗店利用後、おすすめの性病検査

性風俗店を利用した後は、症状がなくても定期的に検査を受けることをおすすめします。。検査によって、自分の感染状況を確認でき、早期に治療を受けることができます。定期検査は性病の種類や性行動によって異なりますが、最低でも年に1回以上受けることが良いでしょう。

検査を受けるタイミング

次のような状況にある場合は、検査を受けることが大切です。

  • 性器や口元などに変化が見られる場合
  • 性的接触の際に痛みや出血が起こる場合
  • パートナーが性病にかかっていると判明した場合
  • コンドームを使わないで複数のパートナーと性的関係を持った場合

性病検査の種類

性病が感染するのは性器だけではありません。オーラルセックス等の行為によって、「のど」や「肛門」に感染することもあります。そのため、検査方法も異なります。

  • 尿検査
  • 血液検査
  • 咽頭検査
  • 分泌物検査
  • 皮膚検査
  • 視診
  • うがい液検査

検査はすぐに終わりますが、結果がわかるまでには数日から数週間かかることがあります。また、感染してからすぐだと、正しい結果が出ないことがあるため、感染から一定の時間が経った後に検査することが必要です。

性風俗(デリヘル・ソープ・ピンサロ)で感染する性病のまとめ

性病は感染していても、症状が軽度である場合や、無症状のケースが大半です。そのため自分も感染に気付かないうちに、相手へ感染させてしまうのです。

性病は、無症状の場合や他の病気と症状が似ている場合が多いため、ご自身で判断することは難しい病気です。違和感や不安を放置してしまうと不妊の原因や重篤な合併症を引き起こすことがあります。コンドームの正しい使用と定期検査を併用することが、性病の予防に効果的に対策できます。

ご自分の身を守るため、そしてパートナーに感染を広げないために、きちんとした予防と定期的な検査を受けることが大切です